チェルスキン シミ取り治療 皮膚科 pickup

シミ治療における一般皮膚科と美容皮膚科の違いは?

シミを治療するのは皮膚科、美容皮膚科、美容外科どこを選べばいいのか悩みますよね。自分の症状や状態によってもどこで受けるべきかは変わってきますし、知識がないとなかなか判断しづらい部分かと思います。今回は、皮膚科と美容皮膚科、美容外科についてそれぞれ解説をしていきます。この症状の場合にはどこで受けるべきなのかについても解決できるかと思いますので、参考にしてみてください。

皮膚科・美容皮膚科・美容外科はどう違うの?

チェルスキン シミ取り治療 皮膚科

シミ治療を受けることは決めても、皮膚科・美容皮膚科・美容外科のうちどこで治療を受けるべきなのか自分で判断することは難しいかと思います。

そこで、皮膚科・美容皮膚科・美容外科の施術にはどのような違いがあるのか、ひとつずつご説明していきます。

皮膚科

皮膚科は、皮膚の病気を治すための医療機関です。
皮膚科で一般的に治療が行われる症状としては、蕁麻疹ニキビ水虫イボあざ湿疹などが挙げられます。

これらは市販の薬でも治す事ができる病気ですが、状態が悪化した場合は市販の薬では対処が難しく、皮膚科で治療を受けることが最善とされています。症状によっては、塗り薬や内服薬などを使用して治療していくこともあります。

美容皮膚科

美容皮膚科は、美しい肌を作るための皮膚科のことを指します。
美容皮膚科で治療が行われる症状としては、シミシワたるみ肌荒れ毛穴の開きの改善などが挙げられます。

また、皮膚科と同様にニキビ水虫イボも美容皮膚科で診てもらうことができます。ニキビや水虫は治療すれば完治すると思っている方もいるかもしれませんが、実はそうではありません。ニキビや水虫、イボは皮膚が症状を記憶している事が多く、簡単に再発してしまう人もいるのです。

過去に治療した皮膚に関する病気の再発を防ぎ、治療後も美しい見た目を保つために美容皮膚科があると考えると分かりやすいと思います。
エステやリラクゼーションと異なり、医者が症状を見て治療方法を判断するので、これからどのように美しくしていくのか段取りを説明してくれるので、安心できますよね。

美容外科

美容外科での治療の目的は美容皮膚科と同じように美容のためですが、大きな違いはメスを使って切開したり、ヒアルロン酸を注入したりなど手術を必要とする治療を扱います。
美容外科で治療が行われるものとして、代表的な例は豊胸隆鼻術シミシワたるみなどの改善などです。
病気やケガなどの治療は基本的に行っておらず、医療保険が適用されないというのが特徴です。

シミの治療は基本的に保険適用対象ではない!

チェルスキン シミ取り治療 皮膚科

シミの治療は基本的に保険適用対象にはなりません
保険適用になる治療は「病気」と診断されたもので、このまま放っておくと生命に影響があると判断された場合にのみ健康保険を使用することが出来ます。

美しくなりたいことは女性にとって大きな悩みですが、そのまま生活していても生命に問題がある訳ではないため、健康保険適用になることはないので頭に入れておきましょう。

顔にシミがあって見た目にコンプレックスがあるのでレーザーを照射して治療したい場合、シミがあってもなくても生命に問題がないので実費となります。ただし、メラノーマと言って皮膚のガンと言われている悪性のシミが発見された場合は、生命に関わることになるので保険適用で治療する事が可能です。

保険適用になる場合の詳しい事例を次で説明します。どのような事例があるのかを知ると、予算の目途も立ちやすいので参考にしてみてくださいね。

保険適用になるケースは?

シミやイボには保険適用になるものがあります。先程少し触れたメラノーマという皮膚のガンはもちろんですが、老人性色素斑のように、シミを作りやすい状態にしてしまう悪影響のあるシミの場合は、保険対象で治療をすることができます。

名前に老人性とついているので、クリニックで名前を告げられると驚いてしまう人が多いと思いますが、若い人でもなる皮膚の症状と言われています。原因としては紫外線の強い時期に日差しをたくさん浴びることと、加齢によって肌のターンオーバーの滞りが原因でメラノサイトというシミの色素を作りなさいという、悪い信号をどんどんと出してしまうことで起こります。

肉眼で簡単に判断できるものからダーモスコピーという検査で診断するものまであります。最も紫外線を浴びてしまうであろう顔に出やすいですが、その他にも手の甲や腕、首、背中に出来ることが多いそうです。学生の間に部活動でたくさん紫外線を浴びていた人は、20代前半でシミの症状が出ることがあります。

保険治療では約2,000円で1回の治療が出来るので、治療を続けやすくなり健康な皮膚に近づくことが可能になります。

皮膚科でできるシミ治療の例

チェルスキン シミ取り治療 皮膚科

皮膚科で出来るシミ治療の例ですが、肝斑(かんぱん)と言われているシミが有名です。肝斑は紫外線以外の要因であるホルモンバランスでシミが増えていく特徴があり、早く治療を行うことが大きな鍵を握っていると言われています。

身体の変化に伴って発症することが多いので、30代~40代の女性に発生しやすいと言われています。治療法としては紫外線を浴びないように日焼け止めを塗ったり、メラニン色素に働きかける「トラネキサム酸」を内服したりする方法があります。

色素沈着抑制効果を持つ内服薬で、ビタミンCなどの美容に働きかけると言われている物と組み合わせる治療が多いです。治療効果は4週間~5週間後に現れるので少し辛抱が必要です。段々とシミの色素が薄くなってきたと感じたり、シミの広がりが感じにくくなったりするなど感覚で効果を感じることが多いようですが、その感覚が治療の一種の判断材料にもなるようです。

美容皮膚科でできるシミ治療の例

チェルスキン シミ取り治療 皮膚科

特に病気ではないがもっと綺麗になるために出来ることとして、顔にあるシミを取り除いて自分に自信を持ちたいと思う方も多いかと思います。もっと綺麗になるために出来ることとして、シミ取りレーザーを照射する治療例があります。シミの色素の濃さによってレーザーの照射量を変えてシミに対して治療をしていきます。

バチンと輪ゴムをはじいたような痛みを感じる人が多いですが、比較的痛みも少なく10分程度で1回の照射で終わる人が多いようです。このような場合は皮膚に対して悪影響を与えているシミではないので、保険適用外(自由診療)で治療をすることになります。

レーザーでの照射は、ほとんどの人が1回で終わります。ただし、シミの色素が完全になくなるまでには約半年の期間がかかります。レーザーを照射した後は肌が敏感になっているので、外的な刺激を与えないようにテープや絆創膏を貼って生活することになります。

テープなどを貼るのは1週間程度で、その後は今までの日常生活と変わらず化粧もして大丈夫です。シミが消えるまで保湿を心掛けながら色素が薄くなるのを待ちましょう。

美容外科でできるシミ治療の例

チェルスキン シミ取り治療 皮膚科

シミ取りレーザーでシミ治療による治療の他に、シミ部分を切開して除去するという方法もあります。
シミ取りレーザーを照射しても効果が感じられない場合や、レーザーで副作用が出てしまう場合に選択されることが多いようです。

手術でシミを取る場合は、シミのある部分にメスを入れてシミを取り除きます。手術のため、術後は翌日と1週間後にクリニックに通うことが必須になるので、仕事でまとまった休みが取れる人など対象者が限定されてしまうといったデメリットもあります。

しかし、シミ取りレーザーで効果を感じられなかった人は、受けてみてもよいのではないでしょうか?

保険適用外になる為10万円近い金額を必要とする場合がありますので、予算は担当医と相談して決めることが大切です。

【まとめ】シミ治療に向いているのは?

チェルスキン シミ取り治療 皮膚科

シミ治療でもたくさんの方法があるのでどれにしようか迷ってしまいますよね。
判断の材料としては以下の事柄のどれに当てはまるのかを考えてみましょう。

・治療しないと悪化してしまう危険があるシミ → 皮膚科
・生命には影響はないが、除去して美しい肌になりたい → 美容皮膚科
・レーザー治療では効果が見られなかった → 美容外科

このように判断してみるといいかと思いますが、生命に問題があるかどうかは医師や医療的知識がなければ判断できないかと思います。

まずは自分の症状の状態について、質問してみると良いかもしれません。

人気の記事ランキング

RANKING

人気記事は見つかりませんでした。