チェルスキン シミとそばかすの違い pickup

シミとそばかすは違う?消すにはどうすればいいの?

皆さんはシミとそばかすの違いって知っていますか?あなたが悩んでいるそのそばかすだと思っているものも、実はシミの可能性があるかもしれません。どちらか区別できるように今回は、シミとそばかすそれぞれの特徴や見分け方、治療法についてご紹介していきます。

シミとそばかすの違いは何?

チェルスキン シミとそばかすの違い

そばかすがある女性って元気で活発的な印象があって魅力的ですよね。
しかし、中にはそばかすがシミのように見えて、顔にたくさんあるとコンプレックスに感じてしまう人もいるようです。

シミとそばかすの違いはいったい何でしょうか?

シミとそばかすの決定的な違いや発生してしまう原因を突き止め、効果的な治療方法について考えていきたいと思います。

シミができる原因

シミが出来る主な原因は紫外線です。紫外線をたくさん浴びることで肌の再生機能を衰えさせ、シミの原因であるメラニンを排出する力が弱くなってしまいます。メラニンはシミを作る原因物質と言われているので、メラニンが蓄積してしまうことに問題があります。

また、タバコやストレスもシミの原因と言われています。活性酸素と言って身体を酸化させてしまう物質が身体の中にあることもシミに繋がることがあります。

活性酸素は老化を促進する物質なので、シミの生成を早めることもあり、女性の敵とも言われています。

そばかすができる原因

そばかすは遺伝が影響している事が原因で、正式名称は雀卵斑(じゃくらんはん)と言います。シミの大きさは紫外線が原因とされるシミよりも小さく、鼻や頬の周りに出来やすいのが特徴です。

年齢を重ねるとシミの濃さが薄くなっていく場合もありますが、紫外線を浴びるとそばかすが濃くなってしまうこともあります。

遺伝が関係していることもあって根本から取り除くことは難しいとされており、紫外線を出来る限り浴びないようにすることが大切です。

シミは「後天性」、そばかすは「遺伝性」

シミとそばかすの違いをまとめると、シミは「後天性」、そばかすは「遺伝性」であることが分かります。
つまり、生活の中でシミを予防する行動を心掛ける事で、シミの発生を防ぐ事が出来るようになります。

シミの原因は紫外線ですから、紫外線をどれだけ予防出来るかが大きなポイントになってきます。
紫外線を予防する方法としては、以下の方法が実践しやすいのではないでしょうか?

・不要不急の外出を避ける
・室内(屋根のある所)に出掛ける
・日焼け止めを塗る
・帽子や日傘を使って日よけをする

最近ではオゾン層の破壊が進行しているため、肌に悪影響を及ぼす紫外線が地上に届いてることもあり、様々な手段を使って紫外線を予防する意識を持つことが重要です。
日焼け止めを使っても2~3時間おきに塗り直さないと、日焼け止めが持つ本来の効果を発揮することが出来ないので、こまめに塗りなおすと良いでしょう。

その点、遺伝性であるそばかすはシミに比べて細かいことに気を遣う必要はないと言われていますが、紫外線を浴びることは肌にダメージを与えるので、そばかすの場合もしっかりと紫外線ケアをすることが大切です。

シミとそばかすの見分け方

チェルスキン シミとそばかすの違い

先程シミとそばかすの特徴を軽くお伝えしましたが、さらに詳しくご説明いたします。
ぱっと見では判断しにくいシミとそばかすですが、発生源の他にも決定的な違いがあるのです。

シミの特徴は?

シミの特徴は色素がしっかりとしていることが挙げられます。よく見てみると茶色から黒の丸い形の模様が見られます。これがシミの特徴で比較的面積も1センチ程度の大きさが平均的と言われています。シミの原因としてはメラノサイトというシミの色素を作る細胞があることが特徴でもあります。

メラノサイトは紫外線を栄養源として増殖し、シミの色素をどんどん濃くしていきます。肌のターンオーバーが正常だとメラノサイトが多少影響を及ぼしても、シミの原因になる細胞が角質と共に剥がれ落ちます。

しかし、紫外線をたくさん浴びてしまうと肌のターンオーバーのサイクルを壊してしまう為、紫外線によって力を増したメラノサイトが剥がれ落ちにくくなってしまいます。これがシミを作る原因となるのです。

そばかすの特徴は?

そばかすは、鼻や頬に小さい斑点ができ、年齢と共に色素が薄くなっていく特徴があります。小さい頃にそばかすがあったにも関わらず、気が付いた時にはそばかすがなくなっていたという経験をした人もいるのではないでしょうか。

そばかすは遺伝性ですので消えない人もいますが、しっかり見ないと分からないくらいにそばかすの濃さが薄くなっていきます。

シミは全身に出来るのに対して、そばかすは発生する箇所が限られている為、対策が取りやすいとも言われています。ただし、そばかすができる場所は目に付く顔周りであることから、シミよりもそばかすの方がケアが大変と感じる人もいます。

特に、思春期はそばかすが気になる年頃ですし、どうにかして消そうと考える人も多いのではないでしょうか。
中には針で突いたり紙やすりでこすったりする中高生までいるようです。

しかし、刺激を与えることでそばかす周辺に傷がつき、そばかすが大きく見えてしまう原因にもなるので、自力で物理的に除去しようとするのだけは絶対にしないでください。

シミを取る方法は?

チェルスキン シミとそばかすの違い

一般的なシミを取る方法としてはレーザー治療が挙げられます。レーザー治療とは、レーザーをシミがある部分に照射することでシミの色素に反応してポロっとシミを落とすことでシミを取る方法です。

シミの色の薄くなる期間や度合いは個人差がありますが、効果は十分に得られます。金額はクリニックによって差がありますが、約20,000円くらいを予算と考えておくといいでしょう。

レーザーを照射してすぐにシミが取れると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、レーザーを照射してから半年くらいかけて段々とシミが薄くなっていく仕組みのため、治療後すぐにシミが消えるという訳ではありません。

そばかすを取る方法は?

チェルスキン シミとそばかすの違い

そばかすを取る方法は、10代後半になるまで待ってそばかすが自然と消えるまで待つか、レーザー治療で照射するかのどちらかになるでしょう。

そばかすは年齢と共に消えることが多いと先程もお伝えしましたが、「そばかすが原因で友達に冷やかされた。」など辛い経験をした人は、今すぐにでもそばかすを消したいですよね。

その場合は、レーザー治療でそばかすを消してしまった方がいいかと思います。
時間の経過を待って大人になっても気になるようであれば治療するといった形でもいいですし、精神的にも辛くて耐えられないという場合には、一度医師に相談してみるのもひとつの手だと思います。

ただし、レーザーを照射するのでアフターケアをしっかりすることが必要です。レーザーの後は保湿を心掛けて肌のターンオーバーを正常に保ちましょう

しかし、そばかすの場合となると遺伝が関係してくるため、新たな場所にそばかすが出来てしまうというリスクもあります。もし、そばかすをレーザー治療で照射することになった場合は、そばかすが新たに出来てしまう可能性があることも忘れないでおきましょう。

【まとめ】シミとそばかす、どちらにも効果的な治療法は?

チェルスキン シミとそばかすの違い

シミとそばかすの違いについて後天的か先天的かによって、根本的に違うことがお分かり頂けたかと思います。
どちらも肌に色素が沈着するので目に付くのが嫌だと感じる方が多いと思います。

・シミは後天性なので、ある程度予防出来る
・そばかすは遺伝的だが、年齢を重ねることで消えることも多い
・レーザー治療でシミはもちろんそばかすも対処出来る
・ただしそばかすをレーザーで治療する場合は、新たにそばかすができる可能性もある

このようにレーザーは効果的な治療としてシミやそばかすにアプローチすることができます。
もし、シミやそばかすで悩んでいるのであれば、レーザーも対処法の1つとして考えてみてはいかがでしょうか?

人気の記事ランキング

RANKING

人気記事は見つかりませんでした。