チェルスキン シミ 化粧品 コラム

シミを消す化粧品ってあるの?対策や予防法について考えてみた

ドラッグストアなどで気軽に購入できる美白効果のある化粧品。シミに効果がありそうだけど、化粧品でシミを消すことって本当にできるんでしょうか?シミを消すと言われる化粧品の効果について見ていきたいと思います。

品川スキンクリニック

シミを消す化粧品、その効果は本当?

チェルスキン シミ 化粧品

美白効果のある化粧品

シミを消すために、毎日美白効果のある化粧水や美容液でスキンケアしている人も多いはず。
「シミに効く」ことで人気の美白化粧品ですが、シミを予防する効果はあってもシミを消すことはできません
それはしっかり理解しておきましょう。

美白の有効成分と言われる代表的なものには、「アルブチン」「ビタミンC」「プラセンタ」「トラネキサム酸」などがあります。これらの成分の効果はメラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐことです。

つまり、これからできるシミの予防はできても、1度できてしまったシミを消すことは難しいということになります。

美白有効成分 特徴 主な効果
アルブチン コケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている成分 ・メラニン色素の生成を抑える
ビタミンC誘導体 肌に吸収されてから酵素反応によりビタミンCに変化したもの

・抗酸化作用
・メラニン色素の活性化を抑え還元する

プラセンタ 胎盤から抽出された有効成分

・抗酸化作用
・血行促進作用

トラネキサム酸 人工的に生成されたアミノ酸の一種

・メラニン色素の生成を抑える
・炎症を抑える

ハイドロキノン配合の化粧品

シミを消すことは難しい化粧品ですが、シミを薄くする効果があるものもあります。
それがハイドロキノン配合の化粧品です。ハイドロキノンは「肌の漂白剤」という別名を持つほど、メラニンの抑制効果が高く、一般的な美白成分の約100倍の効果があると言われています。

ハイドロキノンと言うと「皮膚科などの医療機関で処方される薬」というイメージが強いですが、2001年の薬事法の改定を機に、低濃度での市販化粧品への配合が可能になりました。

ハイドロキノンの主な効果は、

・メラニンの生成を抑制する
・メラノサイトの働きを弱める
・メラニン色素を還元する

つまり、シミを防ぐ効果に加え、できてしまったシミを薄くする効果もあるということです。

ただし、ハイドロキノン配合の化粧品はその強い効果から、安全で安定した配合が必要となります。
安全面から、日本の大手メーカーの化粧品で見かけることはまだ少ないのが現状です。

また、シミの種類によってハイドロキノンの効果は異なるので、全てのシミが薄くなるというわけではありませんし、シミを完全に消すことは難しいということに注意が必要です。

自分でシミ対策ができるシミの種類って?

チェルスキン シミ 化粧品

市販化粧品で予防や薄くすることができるシミの種類は、主に「日光性黒子(老人性色素班)」「肝斑」「炎症後色素沈着」の3つです。

雀卵班(そばかす)」は遺伝的要素が強いため化粧品での改善は難しいと言われており、その他の皮膚の深いところにあるシミなどは医療機関での専門的な治療が必要です。

化粧品はシミ対策や予防程度に…

チェルスキン シミ 化粧品

市販の化粧品ではシミの予防や多少薄くすることはできても、完全に消すことは難しいと言えるでしょう。
しかし、使い続けることによってシミの悪化を防いでシミの出来にくい肌へと導きます。

シミを消すためには他の治療法が必要ですが、化粧品は気軽に購入できるというメリットもあるので、シミ対策や予防のために化粧品を活用すると良いでしょう。

シミ予防には紫外線対策も重要!

チェルスキン シミ 化粧品

シミの1番の原因でもあるのが紫外線で、紫外線にはA波(UVA)B波(UVB)があります。

A波はシワやたるみなどの老化現象を引き起こすと言われており、B波はメラニンを生成しシミを引き起こすと言われています。

シミを予防するために美白化粧品を使うことは有効ですが、今あるシミをこれ以上濃くしないため、新たなシミを作らないためにはやはり日焼け止めなどの紫外線対策が大切です。

肌に負担をかけずに紫外線を防ぐには、穏やかな数値の日焼け止めを2〜3時間おきに塗るのが効果的です。

化粧品よりシミに効果的な治療法は?

チェルスキン シミ 化粧品

皮膚科や美容クリニックでは、化粧品よりもシミに効果的な治療を受けることができます。
機器を使うものから薬剤を用いるものまで様々なものがありますが、主な治療法をいくつか紹介します。

ケミカルピーリング

薬剤を使って、皮膚の表面や毛穴の角質を剥離させる治療法です。
ピーリング剤には、アルファヒドロキシ酸(AHA)や、サリチル酸フルーツ酸など様々なものがあります。

古くなった角質を取り除き、肌のターンオーバーを活性化させることにより、シミやニキビ、ニキビ跡を改善する効果があります。

シミ取りレーザー

シミを薄くしたり消すのに、最も効果的なのがレーザーによる治療法です。
シミの種類や、クリニックによって使用されるレーザーは様々。
定期的に数回の照射をすることにより、徐々に薄くなっていく場合がほとんどです。

種類によってはレーザー治療ができないシミもあるので、しっかりカウンセリングを受けて自分のシミの種類を確認する必要があります。

レーザートーニング

シミの中でも、今までレーザー治療が避けられてきた肝斑(かんぱん)を改善する効果のある治療法です。
薄いシミそばかすにも効果的です。マイルドなパワーのレーザーを照射するので、肌に負担をかけずに徐々にメラニンを破壊していくのが特徴です。

ダウンタイムはほとんどなく、続けることによって肌質改善効果も期待できます。

フォトフェイシャル

顔全体にIPLという光を当てることによりシミを改善する治療法です。
シミだけでなく、赤ら顔毛穴の開き小じわなど、複数の肌トラブルに対する治療が同時にできます。

フォトフェイシャルの光は、皮膚の深いところ(真皮層)にまで届くため、シミの原因であるメラニンの分解を促す効果があります。シミに対しては1度で効果を実感することは少なく、効果を得るためには3〜4週間に1回のペースで継続する必要があります。

内服薬やサプリメントもシミ対策に効果的

チェルスキン シミ 化粧品

シミを消すためにはレーザーやピーリングなどの治療が効果的ですが、シミを予防したり進行を防ぐためには、体の内側からケアする美白成分配合の内服薬サプリメントも効果的です。市販薬と医療機関での処方薬があります。

また、皮膚科やクリニックでは、サプリメントなどでは補えきれない美白成分を点滴注射で直接体内に取り込む治療もあります。

ビタミンC(シナール)

メラニンを抑制する効果抗酸化作用があり、シミ・そばかすの予防や老化防止に効果的です。

トラネキサム酸(トランサミン)

元々は抗炎症薬や止血剤として使われてきた成分。
メラノサイトの活性化を抑制し、炎症を抑えることによりシミや肌荒れを改善します。

L-システイン(ハイチオール)

肌や髪などのタンパク質を構成するアミノ酸の一種です。
メラニンの活性化を抑え、肌のターンオーバーを促す効果があります。

【まとめ】 市販化粧品でシミを完全に消すことは難しい…

チェルスキン シミ 化粧品

市販化粧品のシミに対する効果や、化粧品以外の治療法について紹介しました。

シミを改善するためのポイントと注意点は、

・美白化粧品ではシミの予防はできてもシミを消すことは難しい
・ハイドロキノン配合の化粧品はシミを薄くする効果がある
・シミ予防には紫外線対策も重要
・シミの治療に最も最適なのは医療機関でのレーザー治療やケミカルピーリング

以上のことが挙げられます。

セルフケアで紫外線対策とシミ予防を続けながら、医療技術の力を借りることも視野に入れてみてください!