チェルスキン シミ 種類 コラム

シミにも種類があるって知ってた?各治療法もご紹介!

メイク中に鏡で顔をよく見たら、茶色いシミを発見!今までなかったはずの所にシミが増えていると焦りますよね。特に女性にとって顔のシミは気になるもの。そんな女性の天敵であるシミには、様々な種類があり原因や治療法も異なるのです。今回は代表的な5つのシミの特徴や治療法などをご紹介していきます。

品川スキンクリニック

あなたのシミはどのタイプ?

チェルスキン シミ 種類

あなたが悩んでるそのシミは何という名称、ご存知ですか?
シミによっては治療法などが異なるため、施術を受ける前にはカウンセリングなどを受けて、自分の症状が何かを把握しておくことが必要となります。自分のシミがどのタイプか自己診断してみましょう。

①日光性黒子(にっこうせいこくし)/老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)

シミの中でも最も代表的で多く見られる症状です。平らで境界のハッキリした褐色なのが特徴です。
積み重なる紫外線の影響で、細胞の機能が乱れてメラニンが過剰に作られることで起こる色素沈着です。
日光が当たりやすい部位に現れ、年齢とともに増えたり濃くなることから老化の一種とも言われています。

②肝斑 (かんぱん)

頬や額、鼻下、下あごなど左右対称にできるシミです。左右ほぼ同じ形、大きさでモヤっと現れるのが特徴です。目の周りにはできず、色が抜けたように見えることもあります。
女性ホルモンの乱れにより、メラニンが過剰生成されることが主な原因と指摘されています。

妊娠や出産をきっかけにできたり、精神的なストレスによりホルモンバランスが崩れてできることもあります。
また、紫外線やこすりすぎなどの外部刺激により悪化する可能性があります。

③雀卵班(そばかす)

遺伝によって発生するシミで、主に目鼻周りと頬に現れやすいです。
薄い茶褐色の小さな斑点が横一線に広がるようにできるのが特徴で、スズメの卵の模様に似ていることから名が付けられました。幼少期に現れ、思春期に目立つことが多く、顔の他に腕や手の甲、肩に現れることもあります。

④炎症後色素沈着

傷跡ニキビ跡やけどの痕などが原因でできるシミです。炎症の後に、患部が茶褐色に変色し色素沈着を起こした状態のことを言います。炎症によってメラノサイトを刺激し、メラニンが生成されることが原因です。

皮膚のターンオーバーにより、徐々に薄くなっていくことが多いですが、紫外線や刺激をさらに受けると消えにくくなる場合もあります。

⑤ADM(対称性真皮メラノサイトーシス)

通常のシミより皮膚の深い部分(真皮)にメラニンが蓄積することにより現れ、アザの一種とも言われるシミです。頬の上辺りに、左右対称に現れます。茶褐色や青紫色のパラパラとした斑点が集まってできるのが特徴です。紫外線やホルモンバランスの乱れにより、メラニンが皮膚の真皮に蓄積することが原因と言われています。

 

これまでみてきたシミの種類や特徴などについて、まとめるとこのような感じです。

シミの種類 特徴 原因 見分けポイント

日光性黒子(老人性色素班)

・メラニンが過剰に作られ沈着した状態

・年齢とともに現れたり増加する

・紫外線を浴びやすい体全体に現れる

・紫外線

・加齢によるターンオーバーの衰え

・平らで境界のはっきりした茶褐色

・徐々に濃くなっていく

肝斑

・主に頬や額、鼻下、下あごなどの顔面に現れる

・30歳〜40歳の女性に多い

・妊娠やストレスによるホルモンバランスの乱れ

・左右対称

・輪郭のはっきりしない薄褐色がモヤっと広がる

・色が抜けたように見えることもある

雀卵班(そばかす)

・目鼻周りと頬に現れやすい

・幼少期に現れ、思春期に目立つ

・遺伝的要素 ・細かく小さな薄茶色の斑点が横一線に広がる
炎症後色素沈着

・皮膚に炎症を起こした後の一時性の色素沈着

・肌のターンオーバーにより薄くなったり消えることが多い

・傷やニキビ、湿疹、虫さされ、やけどの痕など

・薄茶色〜黒褐色

・形は炎症によって様々

・境界はわかりにくく、濃さもムラがある

ADM(対称性真皮
メラノサイトーシス)

・真皮にメラニンが蓄積することにより現れる

・頬に左右対称にできやすい

・アザの一種とも言われる

・紫外線、ホルモンバランスの乱れ

・茶褐色や青紫色

・左右対称

・パラパラとした斑点状のシミが集まっているように見える

症状によっていかに治療法が異なるかがわかりますよね。
自分の症状に合った治療法を探すためにも、ぜひ参考にしてみてください。

日光性黒子(老人性色素班)の治療法と受けられる皮膚科&クリニック

チェルスキン シミ 種類

では、日光性黒子(老人性色素班)の治療に関してご説明していきます。

治療法

日光性黒子(老人性色素班)の治療法で1番有効な治療法として用いられているのがレーザー治療です。
レーザーの種類には、QスイッチヤグレーザーQスイッチアレキサンドライトレーザーQスイッチルビーレーザーなどがあります。

また、トラネキサム酸内服薬や、ハイドロキノン配合のクリームはシミを防ぎ薄くする効果があり、併用するとより効果的です。

受けられる皮膚科&クリニック

品川美容外科

丁寧なカウンセリングとアフターケアが人気のクリニックです。
無料カウンセリングもあり、経験豊富なドクターが症状に合わせた最適な治療法を提案してくれます。

Qスイッチヤグレーザーやレーザートーニングによる日光性黒子(老人性色素班)の治療が可能です。

肝斑の治療法と受けられる皮膚科&クリニック

チェルスキン シミ 種類

では、肝斑の治療に関してご説明していきます。

治療法

レーザートーニングとトラネキサム酸内服液の併用が効果的です。レーザートーニングは、これまでレーザー治療ができなかった肝斑の治療を可能にした、広範囲にマイルドなパワーを照射する治療法です。
肝斑の大敵である肌のダメージを与えずに、メラニンの量を減らし美肌に導く画期的なレーザーです。

受けられる皮膚科&クリニック

湘南美容外科

全国に80院以上展開している美容外科最大手のクリニックです。
充実した種類の治療法で、様々な肌トラブルに対する治療が可能です。

ほとんど全ての系列院で、肝斑治療に最適なレーザートーニングが受けられます。
お得な5回コースの設定もあり、レーザートーニングと同時に受けると効果的なイオン導入の施術も可能です。

雀卵班(そばかす)の治療法と受けられる皮膚科&クリニック

チェルスキン シミ 種類

では、雀卵斑(そばかす)の治療に関してご説明していきます。

治療法

レーザートーニング、フォトフェイシャル(IPL)による治療が効果的です。
濃さにより使用する機器が違うことが多いです。また、薬剤により肌のターンオーバーを促すケミカルピーリングも雀卵班(そばかす)を改善する効果があります。

受けられる皮膚科&クリニック

東京美容外科

全国に提携クリニックがあり、確かな技術と丁寧なカウンセリング、料金設定も明確で人気のクリニックです。

シミやそばかすに効果のあるフォトフェイシャルや、併用すると効果的なケミカルピーリングの種類も豊富です。

炎症後色素沈着の治療法と受けられる皮膚科&クリニック

チェルスキン シミ 種類

では、炎症後色素沈着の治療に関してご説明していきます。

治療法

炎症後色素沈着はほとんどの場合に自然治癒しますが、早く治療したい場合にはレーザートーニングやハイドロキノン外用薬、トラネキサム酸内服薬が効果的です。色素沈着が1年以上経過しても残っている場合は、レーザー治療を行う場合もあります。

受けられる皮膚科&クリニック

聖心美容外科

開院から25年の歴史を持つ「安心・信頼」がモットーのクリニックです。
海外にも展開しており、最先端の美容医療が受けられます。

最新のレーザー機器であるピコレーザーによるレーザートーニング治療が可能。
シミ・そばかす・肝斑を同時に治療することができます。

ADM(対称性真皮メラノサイトーシス)の治療法と受けられる皮膚科&クリニック

チェルスキン シミ 種類

では、ADM(対称性真皮メラノサイトーシス)の治療に関してご説明していきます。

治療法

Qスイッチルビーレーザー・Qスイッチアレキサンドライトレーザーによるレーザー治療が効果的です。
周囲の肌にダメージを与えることなく、シミの原因となるメラニンのみを破壊します。

皮膚の深いところまでレーザーが届くため、真皮層にある対称性真皮メラノサイトーシスの治療に最適と言われており、数回レーザー照射を繰り返すことによって、徐々に薄くなっていきます。

受けられる皮膚科&クリニック

湘南美容外科

ADM(対称性真皮メラノサイトーシス)の治療に効果的なQスイッチルビーレーザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザーを取り扱っています。部位別に価格が設定されているので、気になる部分を集中的に治療できます

【まとめ】シミは種類によっても原因や治療法がそれぞれ違う!

チェルスキン シミ 種類

いかがでしたでしょうか。
5種類のシミの特徴と見分けポイント、治療法、治療が受けられるクリニックをご紹介いたしました。

シミの種類は、

・日光性黒子(老人性色素班)
・肝斑
・雀卵班 (そばかす)
・炎症後色素沈着
・対称性真皮メラノサイトーシス

の5種類のものが代表的です。それぞれのシミによって原因や見分けポイントが違い、治療法も異なります。皮膚科やクリニックでは、それぞれのシミに最適な治療法を提案してもらえますので、気になり始めたら1度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?