シミ取り+美白が同時にできる「美白シミケア術」とは? お悩み

シミ取りと美白を同時に…欲張りなあなたには「美白シミケア術」がおすすめ!

顔にシミができると毎日鏡を見つ度に気分が落ち込みますよね。そんな厄介なシミを除去しつつ、同時に美白効果も期待できる方法があるということをご存知でしたか?シミが消えて美白にまでなれるのなら、女性としてはぜひ知っておきたいですよね。今回は、シミ取りと美白効果両方叶えてくれる方法についてご紹介します!

30代後半を過ぎると急に増えてくる肌の悩み。

その中でも「シミ」はダントツと言っていいほど、多くの方が悩まされているのではないでしょうか。

もう一つ、シミと並んでよく挙げられる肌の悩みとして「くすみ」がありますよね。

加齢と共に顔全体のトーンが落ち、暗い印象になってしまう。
さらに、部分的なシミも気になる。

この2つの悩み、実は一緒に解消できる手軽な方法があったんです…!

まずはシミの種類を把握しよう!

チェルスキン シミ取り 美白

シミは大きく分けて5種類あります。

種類によって異なる特徴や原因があり治療法も異なりますので、まずは自分のシミがどの種類かを把握することが大切です。

日光性黒子(にっこうせいこくし) / 老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

日光性黒子(老人性色素斑)は、シミの種類の中でも最も多くできやすいと言われています。

紫外線を浴びやすい顔や手デコルテなどに、左右非対称で現れます。円形状や歪な形をしており、色は茶褐色で加齢や紫外線、ホルモンバランスの乱れにより、さらに濃くなる場合もあります。

一般的には30代から現れることが多いですが、早ければ20代から現れることもあります。

特に子供の頃から外に出ることが多く紫外線を多く浴びてきた方は、若い年齢から日光性黒子ができやすい傾向にあります。

日光性黒子の主な原因は紫外線の蓄積とターンオーバーの乱れです。

紫外線を浴びてすぐに発症するわけではなく、長年の紫外線ダメージの蓄積が加齢によりシミとなって現れます。紫外線の影響によりメラニン色素を作る細胞であるメラノサイトが活性化し、メラニンが排出されずに皮膚に蓄積することでシミの原因となります。

雀卵斑(そばかす)

そばかすは見た目が雀の卵の表面に似ていることから、雀卵班(じゃくらんはん)とも呼ばれるシミです。
そばかすは、頬や鼻周りを中心(体にできる場合もあり)に細かい斑点状のシミのように広がります。
色は茶褐色で大きさは約2~4mmほどと比較的小さいものが多いです。

そばかすの最大の特徴は、幼少期から現れるシミであるということです。
3〜5歳頃にでき始めることが多く、思春期の時期が濃さのピークだと言われています。
また妊娠などによるホルモンバランスの変化をきっかけに濃くなる場合もあります

そばかすは、遺伝的要因が大きく関係しているため予防するのが難しいシミですが、日光性黒子と同様レーザー治療などにより比較的治療しやすいと言われています。
また徹底した紫外線対策や美白ケアにより、濃くなることを防ぐことは可能です。

肝斑(かんぱん)

肝斑は、頬骨の下辺り(額や口周辺に出ることも)に左右対称にほぼ同じ大きさ、形で現れます。
輪郭はモヤっとしており、薄い褐色や色が抜けたように見えることが特徴です。

肝斑は特にシミの種類の中でも治療に時間がかかりセルフケアでの改善は難しいとされます。妊娠をきっかけに発症するなど、ホルモンバランスの乱れが大きく関係しており、30〜40代の女性に発症しやすい傾向にあるようです。

個人差はありますが症状が見られるのはだいたい50歳後半までのことが多く、その後は閉経とともに徐々に薄くなったり消えたりすることもあり、高齢者ではほとんど発症することはないと言われています

このように女性ホルモンの乱れなどの体の内側からの原因が大きいと言われる肝斑ですが、紫外線や強い刺激などにより濃くなることがあります。肝斑はこれまで治療が難しいとされてきましたが、今はレーザー治療により肝斑を改善することが可能です。またトラネキサム酸などの服用も肝斑の改善に効果があります。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着は皮膚に炎症が生じた後、その部分が茶色く色素沈着を起こした状態です。
傷や虫刺され、火傷、ニキビ跡がシミとして残る場合が多いです。
大きさや形は様々で、顔だけでなく体全体にできることもあります。

通常は肌のターンオーバーにより、3~6ヶ月程度で自然と消えていきますが、紫外線を浴び続けたり強い刺激を与えたりすると、ターンオーバーがうまく行われずに慢性化して消えにくくなる場合があります。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

皮膚の深い部分(真皮層)にメラノサイトが増えることにより、頬や額に(鼻翼部に出ることも)左右対称にくっきりと現れます。色は灰色や灰褐色、青みがかった褐色など様々で、大きさは約1~3mmほどで斑点状をしています。

ADMは女性に多く、東アジア(特に日本や韓国、中国)特有のシミだと言われており、ADMの原因は遺伝的要因が大きいとされていますが、はっきりとした原因はわかっておらず、女性ホルモンの乱れや紫外線によっても増えたり濃くなったりすることもあるようです。

真皮層にあるシミのため、セルフケアでは改善が難しく、治療には時間がかかると言われていますが、レーザー治療などの適切な治療を行うことで完治も期待できるでしょう。

種類によっては見分けやすい特徴を持つシミもありますが、様々な種類のシミが混在していたり、似ているものも多いため、自己判断ではなかなか区別がしにくいと言えます。

まずは皮膚科や美容クリニックで専門家によるカウンセリングを受けることをおすすめします。

シミを薄くする+美白効果まで期待できる治療法とは?

チェルスキン シミ取り 美白

シミの治療には皮膚科や美容クリニックでの治療が最も効果的です。
レーザー治療などは、シミを薄くするだけでなく同時にくすみを改善するなどの美白効果が期待できるものもあり、総合的な美肌効果を求めている方にはクリニックでの治療が最適と言えます。

ただ、シミの種類によっては改善が期待できないものもありますので、治療の際はしっかりとカウンセリングを受けるようにしましょう。

レーザートーニング

皮膚の真皮上層までマイルドなレーザーを当てることにより、コラーゲンの生成を促し様々な肌トラブルを改善する効果のある治療法です。微弱なレーザーを肌に均等に照射していくので、皮膚へのダメージをほとんど与えることなく治療ができます。

ダウンタイムはほとんどなく治療後からメイクも可能です。

シミやそばかす、くすみ、毛穴の開き、ハリなど総合的な美肌効果が期待でき、さらに肝斑の治療にも高い効果を発揮すると言われています。

フォトフェイシャル(IPL)

顔全体にIPLという有効な光を当てることで、シミやそばかす、くすみ、ニキビの改善が期待できる治療法です。幅のある波長で何色もの光が集まってできる光治療のため、複数のメラニン色素に反応して破壊します。

そのためあらゆる肌トラブルを同時に改善しながらも、マイルドで刺激の少ない光エネルギーのため肌へのダメージをほとんど与えることがありません。また顔全体に照射するため、コラーゲンの生成を促し透明感のある肌や引き締まった若々しい肌へ近づくことができます。

レーザートーニングやフォトフェイシャルは、治療直後から肌のハリやツヤを実感できる効果的な治療法です。
しかし、シミやそばかすへの効果は即効性はなく、改善するためには月に約1回の間隔で少なくとも5~6回程度は治療を続けることが望ましいと言われています。

治療後は肌が紫外線や刺激を受けやすくなっていますので、日常的な紫外線対策や日々のスキンケアを行うことが大切です。

【まとめ】シミと美白、悩みを同時解消するには?

チェルスキン シミ取り 美白

シミの種類には大きく分けて「日光性黒子 / 老人性色素斑」「雀卵班(そばかす)」「肝斑」「炎症後色素沈着」「ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)」の5種類。

また、シミと美白を同時に解消するためのポイントとしては、以下の4点がありました。 

  • シミの種類によって治療法が異なる
     →シミの種類を把握することが大切
  • 短時間で高い効果を求めるなら、皮膚科や美容クリニックでの治療がおすすめ!
  • 「シミ取り+美白」には、レーザートーニングやフォトフェイシャルが有効
     →老化防止効果もあり!
  • 徹底した紫外線対策やスキンケアも大事

シミやそばかすを薄くしながら同時に美白効果のある治療法は、継続して受けることが大切です。

定期的な美肌ケアとして始めてみてはいかがでしょうか?