男性でも肝斑はできるのか? お悩み

肝斑は男性にもできる?原因と治療法について徹底調査!

30代〜40代の女性にできやすいと言われる「肝斑(かんぱん)」ですが、実は男性でもできることがあるってご存知ですか?この記事では、肝斑の特徴や原因、男性の肝斑における治療法や注意点などを詳しく解説していきます!

シミと聞くと、一般的に女性の悩みに多いものと思われがちですが、もちろん男性にもシミはできます。

ただ、シミと言っても名称、形状、原因、治療法はそれぞれ違うので、シミの知識に触れることの少ない男性の方からすれば「さっぱりわからん!」という感じですよね。

シミのことを調べていくうちに「あれ、もしかして肝斑 (かんぱん) なのかな?」と思っても、皮膚科には行きづらいし…。

そこで、男性の方にもわかりやすく「肝斑」のことをまとめてみましたので、ぜひご参考いただけると嬉しいです。

それ、本当に肝斑?
間違えやすいシミの種類

そもそも、肝斑とは?

肝斑とは、シミの一種。
これはよくご存じの通りですね。

その特徴は、両頬や額などに左右対称に現れ、輪郭がぼやけた薄褐色の形状であることです。

ただ、シミには肝斑の他にも日光性黒子そばかす炎症後色素沈着など様々な種類があり、ぱっと見では区分が難しいです。

そのため、肝斑と他のシミを勘違いしている人も少なくありません。

治療法を間違えるとさらに悪化する可能性もあるので、予め知識をつけておくことが大事です!

肝斑の見分け方

シミの一般的な種類とその特徴をまとめてみました。

肝斑とはどのような違いがあるのか、比較してみましょう!

シミの種類 特徴 原因
肝斑かんぱん
  • 両頬、鼻の下、額に現れやすい
  • 左右対称に現れる
  • 輪郭がぼけている薄褐色の形状
  • 30〜40代にできやすい
  • ホルモンバランスの乱れ
日光性黒子にっこうせいこくし
(老人性色素班)
  • 顔に限らず体全体にも現れる
  • 輪郭がはっきりしている円形の褐色~黒褐色の形状
  • 30歳頃からでき始める人が多い
  • 紫外線
  • 加齢
  • ターンオーバーの乱れ
雀卵班じゃくらんはん
(そばかす)
  • 頬や鼻周りに現れやすい
  • 細かい斑点の薄い褐色の形状
  • 幼少期にでき始めることが多い
  • 思春期に最も目立ちやすい
  • 遺伝的要素による先天性のシミ
  • 紫外線
  • ホルモンバランスの乱れ
炎症後色素沈着えんしょうごしきそちんちゃく
  • 炎症の跡が色素沈着したもの
  • 赤みがかった褐色や茶褐色
  • 自然治癒することが多い
  • 傷や虫刺され、ニキビ、火傷などによる炎症の跡

肝斑ができる原因について

日光性黒子などの一般的なシミの原因が紫外線の蓄積であるのに対して、肝斑の主な原因は女性ホルモンのバランスの変化や乱れと言われています。

特に妊娠や低容量ピルの服用や、ストレス、睡眠不足などによる影響によりホルモンバランスが崩れやすくなります。

また、洗顔の際に顔をこすりすぎたり、紫外線のダメージが蓄積したりなど、日常の何気ない行動が原因である可能性も少なからずあります。

男性で肝斑を発症するケースはあるのか

チェルスキン 肝斑 男性

肝斑の原因は女性ホルモンが大きく関係しているため、女性だけに発症するものだと思われがちです。

本当に、男性には全く発症可能性がないのでしょうか?

結論から言うと、男性でも肝斑ができるケースはあります
(肝斑発症者全体の約5〜10%だと言われています。)

なぜなら、男性にも女性ホルモンが存在しているためです。

男性の対内で分泌される女性ホルモンは微量で、女性の約半分と言われています。

ただ、新陳代謝を高めたり、骨を丈夫にしたり、自律神経をコントロールしたり…など、女性ホルモンが男性の対内で担う役割は意外と大きい。

この女性ホルモンのバランスが生活習慣ストレスなどにより崩れてしまうと、男性でも肝斑ができる可能性は高まるのです!

男性の肝斑における治療法

チェルスキン 肝斑 男性

肝斑は、他のシミに比べ内服薬によって期待できる効果が高いと言われています。

最近では、レーザーや光治療、外用薬などを用いることも多く、一人ひとりに合った治療法を見つけることが大事です。

①内服薬(飲み薬)

肝斑治療としての内服薬は主に「トラネキサム酸」が用いられます。

トラネキサム酸にはメラノサイトの活性化を抑える効果が認められています。

長期的に服用することで、徐々に肝斑を改善していきます。レーザートーニングなどの他の治療法と併用するとさらに短期的に効果を得られると言われています。

トランシーノは効果あり?

トラネキサム酸が配合されている市販サプリメントと言えば「トランシーノ」が代表的ですよね。このトランシーノであまり高い効果を実感することは難しいでしょう。

なぜなら、市販の医薬品にはトラネキサム酸の配合量に限界があるためです。また、肝斑の服用量や期間は人によって変わるので、医師の判断が必要となります。

皮膚科などで処方されるトラネキサム酸に比べて安いとは言えない金額なので、飲み薬で治療をご希望の方はまずクリニックで相談してみることをおすすめします!

②外用薬(塗り薬)

外用薬としては「トレチノイン」や「ハイドロキノン」の2種類が有効だとされています。

  • トレチノイン
    皮膚の角質を剥がしコラーゲンの分泌を増やすことで、シミや肝斑を改善しみずみずしい肌に導く効果が期待できます。
  • ハイドロキノン
    高い漂白作用があり、肝斑を薄くしたり新しくメラニン色素をつくるのを予防する効果があります。

トレチノインとハイドロキノンの併用、または内用薬のトラネキサム酸との併用によって、さらに高い効果が期待できると言われています。

③レーザートーニング

レーザーを最小限のパワーで顔全体に当て、細胞を刺激せずに肌に優しい肝斑治療ができる治療法です。

肌に負担をかけないレーザーのため、痛みやダウンタイムもほとんどありません。(※個人差あり)

ただ、刺激が少ない分効果を実感するまでにはある程度時間がかかります。なるべく短時間で刺激なく肝斑治療がしたいという方は、内服薬との併用を勧められることがあります。

④Qスイッチヤグレーザー

レーザーは肝斑を余計悪化させる可能性があるため、これまで避けられてきました。

しかし、Qスイッチヤグレーザーの登場により、肝斑治療としてレーザーを用いるクリニックも増えてきています。

ただ、合併している症状によっては向かないこともあるので、医師と相談し慎重に治療しましょう!

肝斑治療、どこが良い?

チェルスキン 肝斑 男性

肝斑を治療できる医療機関としては「一般皮膚科」「美容皮膚科」「美容外科」があります。

それぞれ、どのような違いがあって、さらに男性の方にはどこが向いているか、説明していきます!

一般皮膚科

いわゆる街の皮膚科です。

保険診療がメインとなるため、レーザーの取り扱いがなかったり、症例が少なかったりなど、肝斑治療には不向きな傾向にあります。

美容皮膚科

保険診療がメインである一般皮膚科に対し、保険外診療つまり自由診療をメインとしているのが美容皮膚科。

単にトラブルを治すだけでなく、美肌をつくることを目的としているので、複合的なトラブルを同時に治療できるのは、皮膚専門である美容皮膚科ならではの強みと言えるでしょう。

肝斑の治療も積極的に行っているところが多く、レーザー治療と内服薬の併用など、肌の状態に合わせて最適な治療法を提案してもらえます。

美容外科

美肌治療だけでなく、あらゆる美容整形手術を行っている医療機関です。

全国に展開しているような大手のクリニックも多く、最新のレーザーによる肝斑治療が受けられます。初回はお得に治療ができるトライアル価格を設定しているところも多くあります。

結論、男性の肝斑治療は
どこがおすすめ?

美容皮膚科 or 美容外科が男性におすすめ!

なぜなら、美容皮膚科は「選択肢が豊富」「男性の症例が多い」ということが挙げられます。一見、美容皮膚科と聞くと女性しか行かない場所と思われがちですが、最近では美意識が高い男性の方も増えていて約3割程度が男性患者さんというクリニックもあります。そのため、男性にぴったりの治療法を提案してもらうことができるでしょう。

また、美容外科の利点としては「患者様同士顔を合わせることが少ないように工夫されている」という点が挙げられます。整形というジャンルを取り扱っていることから人目を気にする方が多いため、エレベーターを分けたり、個室の待合室を用意したりなどクリニックによって様々な工夫をしているようです。そのため、人目が気になって皮膚科に行きづらい方に向いていると言えるでしょう。

【まとめ】男性の肝斑の原因と治療法は?

肝斑は頬や目の下、鼻の下、額などに左右対称にモヤッと現れることが多いシミの一種です。特に女性にできることが多いですが、男性にも女性ホルモンが存在しており、ホルモンバランスの乱れが主な原因の肝斑は男性でもできることがあります。

男性の肝斑の改善には、

  • Qスイッチヤグレーザー
  • レーザートーニング
  • ケミカルピーリング
  • 内服薬
  • 外用薬

の4つの治療法が有効だと言われています。

男性は女性に比べて美容に気をつかったり紫外線予防をする方が少ない傾向にあり、できてしまった肝斑を悪化させる可能性があります。放置せずに、皮膚科や美容クリニックなどの医療機関で適切な治療を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。