お悩み

たるみが原因で毛穴が開く?たるんだ毛穴の治療法は?

毛穴が開く原因。実は…「たるみ」が原因だったんです!!肌がたるんだことによりできる毛穴「たるみ毛穴」は、毛穴のみのケアに集中していてはもちろん改善されません!たるみ毛穴に効果的な対策、治療法をご紹介!

ビューティーオープナー

エイジングケア世代の肌トラブルに多く見られるのが、たるみが原因で毛穴が開く「たるみ毛穴です。

このたるみ毛穴は、皮脂が原因で起こる毛穴の開きとは少し異なり、改善法や予防対策も違ってきます。この記事では、たるみが原因で起こりやすい毛穴の開きの特徴や原因、改善のための治療法などを詳しく解説します。

毛穴の開き、実はたるみによるものだった?

毛穴のたるみの特徴は?

たるみ毛穴」は一般的に30代以降によく見られる肌トラブルです。
10代や20代の頃は毛穴が気にならなかったのに、年齢を重ねるごとに毛穴が目立ってきたと感じる方は毛穴がたるんでいる可能性があります。

たるみ毛穴は主に鼻の横辺りから頬にできやすく、毛穴が縦長に開いているのが特徴です。
毛穴の周りが凹み、ミカンの皮のように表面が凸凹して見えることもあります。

毛穴のたるみの原因は?

毛穴のたるみの原因は肌の「たるみ」です。

加齢や紫外線の蓄積により肌が老化し、肌の潤い成分であるコラーゲンやエラスチンが失われることで肌がたるみやすくなります。

また、皮下組織や表情筋の衰えが原因で肌のたるみが起こることもあります。この肌のたるみによりハリや弾力が失われると、毛穴も重力に逆らえずに縦に伸びてしまい、毛穴の開きが目立ちやすくなると言えます。

たるみによる毛穴の開きを治す方法

保湿ケアを念入りに行う

たるみ毛穴を改善するために最も大切なのが、徹底した保湿ケアです。

皮脂汚れや古い角質を取り除くことは毛穴ケアに欠かせませんが、それ以上に日々のスキンケアで肌の潤いを保つようにしましょう。

化粧水や乳液に加え、「セラミド」や「ヒアルロン酸」といった高い保湿成分を含んだ美容液やクリームをプラスすると良いでしょう。
洗顔料はしっかりと皮脂汚れを落としながら、保湿も同時にできるものがたるみ毛穴の改善には効果的です。

表情筋を鍛える

たるみが原因の毛穴開きは、毛穴のためだけのケアではなかなか改善しにくいと言えます。

根本的な原因である「肌のたるみ」を改善することが毛穴開きの改善に繋がります。

表情筋のストレッチや、よく噛んで食べる、よく笑うなど簡単なことでも硬くなった筋肉を柔らかくし、たるみを改善する効果が期待できますので、ぜひ日常的に意識してみてください。

それでも毛穴のたるみが改善しない場合は?

セルフケアを毎日かかさず行うことによって、ある程度毛穴のたるみを改善することはできるでしょう。
とはいえ改善までに時間がかかるため、なかなか効果を実感できないという方が多いのも事実です。

また、開きすぎてしまった毛穴は、セルフケアでの改善はなかなか難しい場合もあります。
早く確実に毛穴のたるみを改善したいのであれば、やはり専門医による治療が最も効果的です。

医療機関で受けることができる毛穴治療には、レーザーやピーリング、内服薬など様々なものがあります。

肌の状態をしっかりチェックした上で最適な治療法を提案してもらえますので、治療を考え始めたら1度カウンセリングを受けてみると良いでしょう。

レーザーで毛穴のたるみが治る仕組みは?

フラクショナルレーザー

毛穴の開き改善に高い効果を発揮すると言われているのが、フラクショナルレーザーです。

フラクショナルレーザーは、あえて肌にダメージを与えることで、皮膚の再生力を利用して肌トラブルを改善していく治療法です。

レーザーが肌に微細なドット状の穴を開け、肌の再生を促すことによりコラーゲンやエラスチンが生成され、キメの整った新しい肌へと生まれ変わらせる効果があります。
その結果、肌のたるみを改善し、たるみ毛穴を引き締める効果が期待できます。

効果は肌の状態やレーザーの出力によって差がありますが、一般的に5〜10回程度治療を受けると効果を実感しやすいと言われています。

フラクショナルレーザー以外で毛穴のたるみに効果的な治療法は?

クリニックではフラクショナルレーザーの他にも、たるみ毛穴に効果的な様々な治療が受けられます。

レーザーと併用するとさらに高い効果が期待できるものもありますので、肌の状態や予算などに合わせて最適な治療法を選ぶと良いでしょう。

カーボンピーリング

肌の古い角質や毛穴に詰まった皮脂汚れなどを取り除き、肌を活性化させて新しい皮膚へと生まれ変わらせる治療法です。

肌表面にカーボンローションを塗り、その上からレーザーを照射することでカーボンの色素に反応させ、毛穴の汚れや古い角質を除去します。

さらに、コラーゲンの生成が促されることにより、毛穴が引き締まり肌のくすみやゴワつき、ニキビも改善されると言われています。

ケミカルピーリング

フルーツ酸やグリコール酸といったピーリングを肌に塗布し、古い角質を取り除くことでキメの整った肌へと生まれ変わらせる治療法です。

乱れた肌のターンオーバーを正常化することで、毛穴の開きやニキビ、ニキビ跡、シミなどを改善する効果があります。

イオン導入

肌に微弱な電流を流すことにより、そのままでは浸透しにくいビタミンCやプラセンタなどの水溶性の有効成分を肌の奥深くまで届ける治療法です。

ビタミンCにはコラーゲンの生成を促す作用があり、治療を続けることでハリやたるみ、毛穴の開きを改善していきます。
レーザーやピーリングとの併用でより高い効果が期待できる場合もあります。

毛穴のたるみ治療ができる場所は?

美容皮膚科

皮膚の疾患がある場合だけでなく、美容を目的とした肌トラブルの治療も行っている皮膚科です。

毛穴のたるみは皮膚の病気ではないため、美容に特化している美容皮膚科の方が、一般皮膚科よりも豊富な治療法から選べる場合が多いです。

また、肌トラブルが改善した後も、美肌を保つための治療やセルフケア方法の提案などもしてもらえるのが魅力です。美容皮膚科ではほとんど場合保険適用にはならず、*自由診療となります。

美容外科

美容皮膚科と混合されがちですが、美容外科は二重まぶたや脂肪吸引など、肌の治療以外にも様々な整形手術を行っている医療機関です。

毛穴のたるみ治療はもちろんのこと、美容に関するあらゆる治療が同時に受けられます。

大手のクリニックではトライアル価格の設定があるなど、通いやすい価格設定も魅力の一つです。
美容外科も美容皮膚科と同様に、ほとんどの場合保険が適用されない自由診療となります。

*自由診療(自費診療)とは?
公的に保険対象と認められていない材料・方法・薬剤を用いる、保険適用対象外の診療のことを言います。この場合、治療費は患者様ご自身の自費負担となります。

【まとめ】たるみによる毛穴の開き、治療法は?

たるみ毛穴の特徴と治療のポイントは以下の通りです。

・たるみ毛穴の原因は老化や紫外線による肌のたるみ
・毛穴が縦長に開いて、鼻の横や頬に目立ちやすい
・セルフケアでの改善には徹底した保湿ケアや表情筋を鍛えることが効果的
・早く確実に毛穴の開きを改善したいなら美容皮膚科や美容外科での治療が効果的

美容皮膚科や美容外科で受けられる毛穴開きの治療法には、次のようなものがあります。

・フラクショナルレーザー
・カーボンピーリング
・ケミカルピーリング
・イオン導入

医療機関での治療を受けながら、日々のスキンケアや生活習慣を改善するなどのセルフケアもしっかりと行うことが、より早く毛穴の開きを改善し美肌を長く保つ秘訣です。