チェルスキン フォトフェイシャル シミ コラム

フォトフェイシャルでシミが消える?むしろ増えた?受けられるエステやクリニックもご紹介

肌トラブルを改善する治療法の一つとして、フォトフェイシャルという名前を聞いたことがある方も多いでしょう。 美肌のために効果的と言われるフォトフェイシャルですが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか? 特徴や値段、受 […]

肌トラブルを改善する治療法の一つとして、フォトフェイシャルという名前を聞いたことがある方も多いでしょう。

美肌のために効果的と言われるフォトフェイシャルですが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか?
特徴や値段、受けられる場所など、フォトフェイシャルについて徹底的に調べてみました!

フォトフェイシャルとは?

チェルスキン フォトフェイシャル シミ

IPLという特殊な光を照射することによって、肌トラブルを改善し美肌へ導く効果のある治療法です。

肌に優しいマイルドな光を当てていくため、肌への負担を最小限に抑えながらターンオーバーを促し、肌本来の自己再生能力を高めます。

IPLの光は肌に沈着したメラニン色素のみに反応する性質を持っているため、トラブルを起こしている部分以外の正常な皮膚を傷つける心配がありません。

シミ、そばかすや毛穴の開き、赤ら顔、シワやたるみなど、あらゆる肌トラブルを改善する効果があり、肌のエイジングケアとしても最適な治療法です。

治療後のダウンタイムは少なく、赤みやかさぶたができることも少ないです。
ほとんどの場合、治療直後からメイクが可能です。

レーザーとフォトフェイシャル、どっちがいいの?

レーザーとフォトフェイシャルの大きな違いは「波長」と「パルス幅」です。
波長は光の長さのことで、短いほど皮膚の表面に影響し、長いほど皮膚の深部まで影響すると言われています。

レーザーの波長は種類によって異なりますが、「シミ」「毛穴」「脱毛」など治療したい肌の悩みによって波長を切り替えることができるのが特徴です。

一方で、フォトフェイシャルは、複数の波長を含んだ特殊な光を使用します。
そのため、「シミ」だけと言った局所的な照射ではなく、顔全体に光を当てることで、あらゆる肌のトラブルを一度に改善していく効果があります。

パルス幅とは、レーザーの照射時間のことを言います。
パルス幅が短いほど、皮膚の深部までレーザーが届きやすくなり、深い部分にあるシミの治療に効果を発揮します。

レーザーのパルス幅は短く、シミやアザなどのターゲットを一点集中で治療するのに適しています。

フォトフェイシャルのパルス幅はレーザーより長く、威力は比較的穏やかです。
浅いところにあるシミ・そばかすには効果的と言えます。
また、照射後の赤みや炎症などの心配はほとんどありません

レーザーとフォトフェイシャルは特徴が異なり、治療目的も多少違ってくるので、どちらがいいのかは一概には言えません。

治療したいシミの種類や他の肌トラブルに合わせて、最適な治療法を選ぶのが良いでしょう。

シミにおけるフォトフェイシャルの効果は?

チェルスキン フォトフェイシャル シミ

フォトフェイシャルをすることによって、肌のターンオーバーが正常化し、今ある肌トラブルを改善したり、トラブルの起きにくい美肌を保つことができます。

シミへの効果は即効性はありませんが、定期的に受けることによって肌のターンオーバーが活性化し沈着したメラニンが排出されていきます。

効果の感じ方には個人差がありますが、3〜4週間に1回のペースで5回程度行うと、シミが薄くなってきたと感じる方が多い傾向にあります。

とはいえ、1回の施術だけでも肌のハリやリフトアップ効果を感じることができる場合がほとんどですので、定期的なスペシャルケアとしてぜひ取り入れたい治療法です。

フォトフェイシャルでシミが濃くなるってホント?

フォトフェイシャルを経験した人からは「むしろシミが濃くなった」という声を聞くこともあるかもしれません。

これは、治療後の正常な経過の一つで、一時的なものです。

フォトフェイシャルの光に破壊されたメラニン色素が肌の表面に浮き出てきたことが原因で、シミが濃く見えるようになったと言えます。

一時的に濃くなったシミは1〜2週間ほどでかさぶたとなって剥がれ落ちたり、自然と薄くなる場合がほとんどです。

ただし、治療後の経過には個人差があり、治療直後にかさぶたができない場合や、シミが一時的に濃くならない場合もあります。

気をつけなければいけないのが、フォトフェイシャル治療後の紫外線です。
フォトフェイシャルにより刺激を受けた皮膚は、紫外線の影響を受けやすくなっています。
万全な紫外線対策をせずに日射しを浴びてしまうと、シミがさらに濃くなってしまう可能性もありますので、治療後は特に注意が必要です。

フォトフェイシャルは他の肌トラブルにも効果的?

チェルスキン フォトフェイシャル シミ

フォトフェイシャルによる効果は以下のものが挙げられます。

・シミ、そばかすの改善
・赤ら顔の改善
・毛穴の引き締め
・ハリの改善やタイトニング効果
・ニキビ、ニキビ跡の改善
・美白効果
・肌質改善効果
・脱毛効果

フォトフェイシャルによる治療はシミだけでなく、肌のターンオーバーを高めることにより様々な肌トラブルを改善する効果があると言えます。

いずれも回数を重ねるごとに徐々に改善される場合がほとんどですので、定期的に続けることが大切です。

フォトフェイシャルはどこで受けられる?

チェルスキン フォトフェイシャル シミ

エステとクリニックの違い

正式なフォトフェイシャルは(株)日本ルミナス社の登録商標で、医療機関でしか受けられない治療です。

エステサロンで受けることができるものは「光エステ」や「光フェイシャル」と呼ばれており、医療機関によるフォトフェイシャルよりも照射出力が弱いものがほとんどです。

単純に効果だけを求めるのであれば、医療機関でのフォトフェイシャルが最適ですが、エステで受ける光エステにも、続けることによりシミを予防する効果やアンチエイジング効果はあります

また、リラクゼーション感覚で気軽に受けることができ、値段も手軽というメリットもあるので、迷っている方は医療機関でのフォトフェイシャル治療を受ける前に1度試してみるのも良いでしょう。

フォトフェイシャルが受けられるクリニック

東京美容外科

東京を中心として全国に展開している美容クリニックです。

海外の最新医療も積極的に取り入れています。
各施術に経験豊富な専門ドクターがいるため、安心して治療を受けることができます。

現在フォトフェイシャルを行っているのは大阪梅田院のみとなりますが、1回15,000円でフォトフェイシャルの施術が可能です。
お得なセット料金の設定もあります。

聖心美容外科

医師によるカウンセリングを重視している美容クリニックです。

豊富な症例写真やシュミレーションが用意されているため、希望の仕上がりをより明確に伝えることができます。また、丁寧なアフターケアも安心して施術が受けられるポイントです。

日本人医師が日本人の肌に合わせて開発した「スムースクール」という光治療が受けられます。

IPLを使用しており、特徴や効果は従来のフォトフェイシャルと似ていますが、スムースクールには患部のみを選択して照射できるマルチピークパルスが搭載されているなど、新たな新機能があるのが魅力です。

フォトフェイシャルの料金相場について

フォトフェイシャルの料金は、施術を受ける皮膚科やクリニックによって違いますが、1回の照射につき約5,000円〜15,000円が相場です。

【まとめ】フォトフェイシャルでシミ治療

チェルスキン フォトフェイシャル シミ

フォトフェイシャルの特徴や、シミ治療への効果、レーザー治療との違いなどを紹介しました。

フォトフェイシャルの主な特徴は、

・浅いところにあるシミ、そばかすに特に効果的
・シミの他にも赤ら顔やニキビ、毛穴、シワやたるみなど様々な肌トラブルを改善する効果がある
・3〜4週間に1回のペースで5〜6回治療を受けると効果を実感しやすい
・シミが濃くなるのは正常な治療経過の一つ
・医療機関でのみ受けられる治療法
・料金の相場は1回につき約5,000円〜15,000円

以上になります。

ダウンタイムがほとんどなく様々な肌トラブルを改善する効果のあるフォトフェイシャルは、気軽に受けられるシミの治療法の一つです。

今あるシミだけでなく、これからできるシミの予防やアンチエイジングにも効果的ですので、ぜひフォトフェイシャルでの治療を習慣化してみてはいかがでしょうか?

人気の記事ランキング

RANKING

人気記事は見つかりませんでした。