そばかすが消える?スキンケア術 お悩み

そばかすをスキンケアだけで消す方法【おすすめの対策化粧品】

多くの女性を悩ませる「そばかす」。一見シミと同じように見えますが、そばかすには一般的なシミとは異なる特徴や原因があります。この記事では、そばかす改善のために効果的な予防対策やスキンケア方法、治療法などを紹介します。

そもそも、そばかすって何だろう?

チェルスキン そばかす 消える

そばかすはシミの一種です。
しかし、一般的なシミと言われる日光性黒子(にっこうせいこくし)とは異なる特徴を持っています。

まずは、そばかすの見た目の特徴についてみてみましょう。

  • 茶色のような褐色や薄褐色
  • 比較的細かい斑点状のシミがいくつもできる
  • 頬や鼻周りを中心に広がるようにできる
  • 顔以外にも腕や肩、背中など体全体にも現れる

そばかすとシミの最大の違い

そばかすの最大の特徴とも言えるのが「でき始める時期」です。

日光性黒子は30代〜40代にできることが多いのに対して、そばかすは幼少期に現れることがほとんど

そして、思春期の頃に最も目立ちやすくなる傾向にあります。

そばかすができる原因

そばかすが通常のシミとは違った原因、それには「遺伝的要因」が大きく関わっています。

また、色白で日焼けに弱い肌質を持っている人にできる場合が多いと言われています。

そばかすは思春期のピークを過ぎると徐々に薄くなっていくことが多いですが、紫外線を浴び続けたり、強い刺激を受けると濃くなる場合があります。

そのため、そばかすを悪化させないためには十分な紫外線対策が大切です。

そばかすの治療法について…

そばかすを確実に消すなら、レーザー治療が一番おすすめです。

ただ、そばかすは一旦治療によって消えても、5年程度で再発する可能性があるので、治療後も継続的なお手入れが必要となります。

その予防のためのお手入れとしては「ホームケア」が有効でしょう。

そばかすのホームケアには、化粧品やサプリメント、美顔器など色々な方法があります。

そばかすを自力だけで薄くすることはできる?

結論から言うと、薄くすることはできます

ただ、一度できてしまったそばかすをセルフケア (ホームケア) だけで改善しようと思うと、長期間継続的にお手入れをする必要があるでしょう。

また、美白ケアやサプリメントで改善は可能ですが、完全に「消す」ことはおそらく不可能と考えた方が良いでしょう。

そのため、セルフケア (ホームケア) はあくまで予防・改善程度と考え、完治を望む場合は皮膚科治療を受けることをおすすめします。

スキンケアはあくまでも「予防」

シミやそばかすに効果があると言われる化粧品には、高い美白効果を含んだものも多くありますが、これらの化粧品でのスキンケアはあくまでもそばかすの「予防効果のみ」だということを覚えておきましょう。

市販化粧品に含まれている美白有効成分は、メラニン色素の生成を抑える効果はありますが、色素自体を薄くする効果はほとんどありません。

そのため今あるそばかすの進行を防いだり、新たにそばかすができるのを阻止する効果は期待できますが、そばかすを薄くしたり消すことは難しいと言えるでしょう。

予防として使っておきたいそばかす対策化粧品おすすめ!

そばかすの予防に効果的な化粧品選びのポイントは、美白成分が入ってるものを選ぶことです。

有効な美白成分としては以下のものが挙げられます。

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス

    これらはメラニンの生成を阻害する効果がありますので、基礎化粧品にこれらの表記があるかどうか確認してみてください!

    中でも「ビタミンC誘導体」はメラニン色素を作る酵素であるチロシナーゼの働きを抑え、メラニン色素を還元する作用があるため、そばかすの予防や改善が期待できる優秀な美白成分です。

    そばかす予防におすすめの化粧水

    ①ファンケル ホワイトニング 化粧液Ⅱ(しっとり)

    ビタミンC誘導体」「ヤグルマギクエキス」「白ブドウ発酵エキス」といったメラニンの発生を抑える働きをする様々な美白成分によりシミやそばかすの予防に効果的な化粧水です。

    また防腐剤や香料などを使用していないので肌に優しく乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使えます。

    ②アスタリフト ホワイトブライトローション

    高い保湿効果と美白効果により、そばかすを防ぎながら潤いのある肌に導きます。

    口コミでも高い評価があり、エイジングケアと美白ケアが同時にできると人気の化粧水です。

    そばかすを予防する美白成分と、独自成分である「ナノAHA+」が肌をみずみずしく保ちます。

    そばかす予防におすすめの美容液

    ①資生堂 HAKU メラノフォーカスV 美白美容液

    美白成分である「4MSK」や「m-トラネキサム酸」がシミやそばかすの原因を徹底的にブロックします。

    また新配合の「Vカット複合体」が紫外線を浴びてしまった肌を優しく整えます。

    高い保湿効果もあるので、そばかすを予防しながらみずみずしくしっとりとした肌へと導きます。

    ②ちふれ美白美容液 W

    手頃な価格ながら高い美白効果や保湿効果があると口コミでも人気の高い美容液です。

    アルブチン」と「ビタミンC誘導体」の美白成分がメラニン色素の生成を抑えシミやそばかすを防ぎます。

    そばかす予防におすすめのクリーム

    ①第一三共ヘルスケア トランシーノ

    美白成分である「トラネキサム酸」をたっぷり配合した美容クリームです。

    メラニンの生成を抑制しシミやそばかすを予防します。ジェル状の軽い質感のクリームなので使い心地が良いのも人気のポイントです。

    ②小林製薬 薬用ケシミンクリームEX

    アルブチン」と「ビタミンC誘導体」のダブルの成分がそばかす予防に高い効果を発揮します。美白成分以外にも美肌に効く様々な成分が配合されています。手頃な価格も長く続けられるポイントです。

    化粧品で目立たなくする方法は?

    そばかす改善のためのセルフケアは毎日欠かさず継続することがとても大切です。

    いくら美白効果があっても、化粧水だけでケアをすませたりなど自己流のケアはせずに、適量の乳液や美容液も使いしっかりと保湿をしましょう。

    化粧品だけでそばかすを治すことはなかなか難しいですが、毎日の徹底したスキンケアにより、肌全体にツヤと透明感が出てそばかすを目立たなくできる可能性はあります。

    そばかすの悩みを解決できる方法は…

    そばかすをできるだけ早く確実に薄くしたいのであれば、やはり皮膚科や美容クリニックで治療を受けることが最も効果的です。

    クリニックでは次のようなそばかすの治療法を行っています。

    • レーザー治療
    • フォトフェイシャル
    • ケミカルピーリング
    • 内服薬
    • 塗り薬

    レーザー治療

    そばかすをピンポイントで照射することができるため、短い期間で確実に改善ができる治療法です。

    レーザーの種類によっては治療後に赤みや腫れができることがありますが、ほとんどの場合1週間~10日程でカサブタとなって自然と剥がれ落ちます。症状や肌の状態に合わせて適切なレーザーを選ぶことが重要です。

    フォトフェイシャル

    特殊な光を顔全体に当てることにより、メラノサイトの働きを弱めコラーゲンの生成を促します。

    レーザー治療よりも効果はマイルドですが、そばかすが広範囲にある場合は一度に顔全体の治療ができ、シワやたるみ、毛穴などの美肌効果も期待できます

    ケミカルピーリング

    ピーリング剤を肌に塗布することで、古い角質を剥離して皮膚を生まれ変わらせます

    肌のターンオーバーを整える効果があり、シミやそばかす、ニキビ、毛穴の開きなど様々な肌トラブルを改善する効果があります。

    内服薬

    そばかすの改善に効果的な内服薬には「ビタミンC」「トラネキサム酸」「L-システイン」などがあります。

    これらの飲み薬を服用することにより、メラニン色素の排出を促し体の内側からそばかすを治療していきます。また新たなそばかすを作らないための予防や総合的な美肌効果も期待できます。

    ただし効果を実感するには数ヶ月〜数年服用する必要があるのと、内服薬だけでそばかすを完全に消すことは難しいでしょう。早く確実に治療したい場合はレーザー治療やケミカルピーリングなどとの併用が望まれます。

    塗り薬

    ハイドロキノン」「トレチノイン」「ビタミンC誘導体」などを配合した塗り薬を患部のみに直接塗布することで、そばかすの改善に効果があります。即効性はなく、数ヶ月続けることによって徐々にそばかすを薄くしていきます。レーザー治療など他の治療法との併用を勧められることが多いです。

    【まとめ】そばかすを自力で消す方法は…

    セルフケアでは、そばかすを完全に消すことは難しいと言えます。しかし新たにそばかすができるのを防いだり、今あるそばかすの悪化を防ぐことは可能です。

    そばかすを日々のスキンケアで予防するために覚えておきたいポイントは以下の通りです。

    • 美白成分である「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「トラネキサム酸」「プラセンタエキス」などを含んだ化粧品を使用する
    • 高い保湿力のある化粧水や美容液、クリームを使い乾燥対策もしっかりと行う
    • スキンケアでのそばかすの予防は継続して行うことが大切
    • 化粧品での美白ケアと合わせて日常的な紫外線対策を行う

    そばかすを確実に薄くしたい場合は皮膚科や美容クリニックでの治療が最も効果的です。日々のスキンケアで予防を続けながら医療機関で適切な治療をすることが透明感のある美肌を長く保つ秘訣です。