肝斑の治し方、原因、肝臓との関係性など肝斑の正しい知識 お悩み

肝斑の正しい知識|原因・治し方・肝臓との関係性などについて

肝斑の原因は肝臓のせい? 一度できると治らない? など、肝斑にまつわる噂はたくさんあります。 それゆえ誤った情報から誤った治療をし、余計悪化したというケースも少なくありません。 つまり、正しい治療をするには、まず「正しい […]

肝斑の原因は肝臓のせい?
一度できると治らない?

など、肝斑にまつわる噂はたくさんあります。

それゆえ誤った情報から誤った治療をし、余計悪化したというケースも少なくありません。

つまり、正しい治療をするには、まず「正しい知識」を身につけることが大切ということなんです。

肝 斑かんぱん とは?

後天的にできるシミの一種です。

褐色の色素班が顔の左右対称にできるのが特徴的。下まぶたを避け、両頬にできやすい傾向にあります。

その他にも、以下のような特徴を持っています。

  • 30代~40代の女性に多くみられる
  • 両頬に左右対称でできやすい
  • 妊娠中や出産後にできやすい
  • 60代を過ぎると自然治癒するケースが多い

また、肝斑は女性に発症しやすく、男性にはほぼ見られないシミだと言われます。

肝斑の主な原因は…諸説あり

肝斑ができる原因としては、諸説があります。
その中で一番有力なものは以下の2つ。

  • 女性ホルモンの影響
  • 紫外線の影響

この中でも、女性ホルモンによる影響が最大の原因だと言われます。

肝斑は、妊娠中や出産後、ピル内服中に現れやすく、根本的には女性ホルモンにより色素細胞が活性化してしまうことが考えられます。

女性ホルモンは疲れやストレスによっても乱れやすい傾向にあるので、生活習慣が関係している可能性も否めません。

20代で肝斑を発症する方にハードワーカーが多いと言われるのは、その証明かも知れませんね。

肝斑は肝臓も関係ある?

チェルスキン 肝斑 原因

ネット上で調べると、肝斑が肝臓の健康状態と関係があるという情報を見かけることがあります。

結論から言うと、肝斑と肝臓は全く関係ありません

なぜこの噂が流れたのか…その始まりを調べると、意外と単純でした。

「肝斑の形状が肝臓の形状に似ているから」というだけです。

肝斑という漢字にも肝臓の「肝」が使われていますし、肝臓が関わっていると言われると信ぴょう性があるように感じるのです。

肝斑の治し方【日常編・治療編】

上で肝斑の原因は女性ホルモンバランの乱れが有力であることをお伝えしました。

となると、肝斑をできなくするためには、まずホルモンバランスを整えることが重要であることはお分かりいただけるかと思います。

では、ホルモンバランスを整えるために、日常生活ではどのようなことができるのでしょうか。

  • 38度くらいのお風呂にゆったりと浸かる
  • 規則正しい生活を心掛ける
  • ストレスをため込まないようにする

これらのことを意識するだけでも、とても良い予防法になります。

ただ、これだけではすでにできてしまった肝斑の改善は難しいでしょう。

肝斑を治すには、並行して皮膚科治療をする必要があります。

そこで、肝斑の治療法にはどのようなものあるか、早速見てみましょう!

飲み薬 (内服薬)による治療

チェルスキン 肝斑 原因

まず、肝斑と診断されて第一選択の治療法となるのが「トラネキサム酸の内服薬」です。

肝斑の有効な治療法として多くの医者が提案している治療法で、市販薬も多く出回っています。

ただ、トラネキサム酸は服用量や服用期間など、医師の指導のもと摂取する必要がありますので、クリニックでの処方をおすすめします。

塗り薬 (外用薬)による治療

チェルスキン 肝斑 原因

内服薬の次にリスクの少ない治療法としては、美白剤の外用があります。

美白剤の中でも最も効果が期待できると言われるのが「ハイドロキノンの外用薬」。

こちらも、トラネキサム酸内服薬同様、正しい治療のためには医師の指導が必要となります。

レーザーによる治療

チェルスキン 肌のくすみ 原因

一昔前は、レーザーによる肝斑治療は不可能と言われていましたが、最近は「QスイッチYAGレーザー」の登場により肝斑の治療ができるようになりました。

ただ、肝斑のレーザー治療は再発や悪化の危険性も高く、熟練した医師による正確な判断と技術が必要だと言われます。

その他の治療

肝斑は他のシミと合併して起こるケースも多く、自己判断での治療は逆に悪化させる原因ともなりかねます。

そのため、医師との慎重なカウンセリングのもと、いくつかの治療を同時並行するケースが多いでしょう。

その中でも「ビタミンCのイオン導入」や「光治療」は、レーザー治療に比べ合併した他のシミへのリスクが低いため、並行して治療することが多くあります。

肝斑治療ができる皮膚科&クリニックをご紹介!

チェルスキン 肝斑 原因

肝斑治療は、熟練した医師による正しい判断と技術が必要です。

そのためには、やはり症例が多いクリニックを選ぶべきでしょう。

また、様々な機械や治療法を導入していて、選択肢が豊富にあることも大前提です。

そう考えると「大手のクリニック」が適していると言えます。

その中でも肌治療に注力していて信頼のおけるクリニックを3つご紹介したいと思います!

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックでは肝斑の治療を行っています。先程お伝えしたトラネキサム酸を使った治療はもちろんのこと、L-システイン、ビタミンCを使って治療をしていきます。1回当たりの治療料金の目安は6,000円と、比較的治療に手が出しやすい値段です。

内服薬では飲み忘れが怖いと思っている人には、注射で治療することも可能です。注射の場合と内服薬の効果の違いについては個人差がありますので、どちらの方が自身の肝斑の治療に向いているのか確認すると良いでしょう。

品川美容外科

品川美容外科ではレーザー治療を使用して肝斑に行っています。施術時間は5~30分程で終わるところが魅力的です。ヒリヒリしたり痛みを感じる人がいますが、掻いたりこすったりしなければ数時間で治まるケースが多いようです。

レーザー治療の後は肌の乾燥が顕著に出やすいので保湿を中心にスキンケアをする事が重要です。料金は20,000円程度で治療出来ますので、レーザーで治療したい人は必見のクリニックではないでしょうか。

ただし肝斑の大きさや色素の状況によっては、内服薬であるトラネキサム酸を使用して治療をした後、レーザー治療を始めることもありますので、その点は頭に入れておくと良いでしょう。

東京美容外科

東京美容外科でもレーザー治療で肝斑を治療することが多いようです。治療前にカウンセリングを丁寧に行ってくれることから、初めて肝斑治療をする方も、他で治療がうまくいかなかった人でも安心して受けられるとの声があります。

痛みの少ないレーザーを使用しているので、痛みに敏感な方でも治療出来るかと思います。

【まとめ】肝斑ができる原因と肝臓の関係

肝斑はできる原因も治療法も様々。

まずは、日常でできる予防法を試し、
徐々に自分にあった治療法を見つけていく。

これが大事です。

そのためにも、信頼のおけるクリニックを選び、一度医師のお話に耳を傾けることをおすすめします。